小野忠のお墓づくり

お墓を直したい方へ

きれいなお墓とそうでないお墓、きれいでないところに人は行きたくなるものでしょうか?
ご先祖様は安らかにお眠りできるのでしょうか?

清潔で、きれいで、お洒落なお墓であるならばお墓参りもきっと楽しくなり、ご先祖様にも喜んで頂けるでしょう。

現代のお墓は昔のような草葉の陰というイメージは無く、明るく、使いやすく、お一人でもお墓参りにいけるようなお墓が多くなっています。

お墓のリフォームと言っても様々ございます。

  • 「耐震・免震仕様の墓石にしたい」
  • 「石塔やまわりの石が傾いてしまった」
  • 「昔、大谷石で外柵を作ったが、ボロボロになってきてしまった」
  • 「お墓のまわりをブロックで囲ったが、ボロボロになってきた」
  • 「花立てが壊れてしまい花が飾れない」
  • 「墓石の汚れを落としたい」
  • 「香炉がひび割れてしまった」
  • 「草がボウボウになってしまっている」
  • 「石塔にひび割れ、角カケがある」
  • 「戒名がみえないのでみえるようにしたい」
  • 「新しく戒名を追加彫りしたい」
  • 「お石塔を建て替えたい」
  • 「外柵を御影石でつくり替えたい」

お墓のリフォームのポイント

お墓のリフォームをするうえでのポイントはいったいどういう点でしょう。
お墓のリフォームを考えているという方は、現在お墓が有り、そのお墓に問題、不具合を感じているということです。

漠然とした状態でお墓のリフォームをやられても意味がありません。まず、お墓のどういったところに不満があるのか、その不満をひとつひとつ書き出すという作業を行ってみて下さい。
そうすることにより、お墓のリフォームは何処をどうしたいのかが見えてくることでしょう。石材店にも明確に伝わるので、プロから明確な解答が返ってくることでしょう。

いままでの地震でお墓が壊れてしまった、角がかけてしまった、傷がついてしまったなど諦めている方、何も新しく全部取り替える必要はございません。カケ、キズによっては現在のお墓を切削、研磨して使用できる場合がございます。

当社では自社工場完備でいつでもリフォーム可能です。また、いつ来るかわからない大地震に備えて、今ある墓石に地震対策を施したいと思っているお客様はリフォームすることがおすすめです。
地震での被害を最小限におさえることで大切なお墓は代々続いていきます。

お墓参りに行きたくなる墓 楽しいお墓 人が集うお墓 未来の家族に受け継がれていくお墓、それは小野忠石材店が理想とするお墓でもあります。

  • 新規でお墓を建てたい方へ

    明治26年から続く確かな伝統と技術でお客様のお墓づくりをサポートいたします。

  • お墓を直したい方へ

    お墓のズレや欠けなどの修理からリフォームまで、お気軽にご相談ください。

  • 小野忠独自の耐震墓石工法

    お客様の大切なお墓を地震などの災害からお守りします。

JSIA

「お墓ディレクター」の資格者がいる墓石店です。

「お墓ディレクター」とは、墓石販売に携わるプロとして、お墓に関する幅広い教養や知識、技術を習得し、お客様に対してお墓の正しい知識を伝え、適切なアドバイスが出来る資格です。
日本石材産業協会認定 第03−200381−00号 資格者 小野寺 忠徳

当社は明治26年、初代小野寺忠三郎が岩手県一関市大東町猿沢で石材業を始め、昭和33年、2代目忠一から奥州市水沢区に移転しました。創業から4代にわたり伝統と技術の継承、そしてなによりもお客様から安心、信頼をしていだだける様、日々努力してまいりました。お墓は未来の家族に向けた大切な「想い」を形にしたものです。そのお客様の想いを受け、誠心誠意、まごころを込めてお墓づくりの良きアドバイザーとしてお役に立ちたいと思っております。お墓のことならぜひ伝統ある小野忠石材店にご相談ください。