お墓づくりの流れ

まずはご相談、お打合せ

ご来店して頂き、墓石のデザイン、石の色・材質等選んで頂きます。
お客様のさまざまなご希望や疑問点も豊富な経験と知識を持つ弊社のお墓ディレクターがお応えします。
お客様と現場の確認、寸法・状態(不整地・地盤軟弱・水はけが悪い)等確認します。

お墓のデザイン・御見積書提出

お客様のご要望・ご予算・現場の状況を踏まえて設計、御見積致します。その際、完成予想図を基にプランをご説明いたしますので安心です。
完成後の変更等は施工上一切できませんので、お客様がご納得・ご安心するまでご相談ください。

契約・文字彫刻の原稿確認

見積もりに合意できれば、契約を交わします。さっそく墓石に彫る文字や家紋の打ち合わせをします。
どんな書体を使い、棹石にどんな文字を入れるのか。何色で塗るのか、あるいは塗らないのか。戒名や亡くなった年月日も確認してください。
この原稿をチェックして、誤字脱字等がなければ大丈夫です。文字彫刻の準備に入ります。

お墓の加工

お客様から御注文頂いたデザインに添って熟練した職人が、石の角度・寸法・研磨・キズ・色の違い等を慎重に確認しながら加工していきます。お墓の良し悪しを左右するのが書体・彫刻の技術です。いくら立派なお墓を建てたとしても、書体・彫刻の仕方が悪いとせっかくのお墓が台無しです。当社では専門の書家の先生より書いて頂き、筆跡の強弱通りに彫刻します。

お墓の設置

設計した図面を基にmm単位で調節していきます。周りの外柵を設置する際は両隣のとおり・角度を確認しながら設置していきます。 特に東北地方は寒暖の差がある為、基礎工事は大事になってきます。また、近年頻繁に大きな地震が多い為、耐震用接着剤・軸などを使用し、できるだけ地震での被害を少なくする施工をしています。
通常、契約してから約2~3ヶ月程度かかります。

お墓の完成

完成しましたらお客様にお墓完成状況をご確認していただき、お引渡しとなります。家族・親戚が集まり、ご住職様に来ていただいて「魂入れ」の法要を行います。ほとんどの方が、この開眼法要とあわせて納骨し、納骨供養を行います。準備するものは各宗派、お寺によってやや違いますが、供花と果物などのお供え物をし、お線香、ろうそくをあげます。完成後も当社が責任をもってアフターサービスをさせて頂きます。

JSIA

「お墓ディレクター」の資格者がいる墓石店です。

「お墓ディレクター」とは、墓石販売に携わるプロとして、お墓に関する幅広い教養や知識、技術を習得し、お客様に対してお墓の正しい知識を伝え、適切なアドバイスが出来る資格です。
日本石材産業協会認定 第03−200381−00号 資格者 小野寺 忠徳

当社は明治26年、初代小野寺忠三郎が岩手県一関市大東町猿沢で石材業を始め、昭和33年、2代目忠一から奥州市水沢区に移転しました。創業から4代にわたり伝統と技術の継承、そしてなによりもお客様から安心、信頼をしていだだける様、日々努力してまいりました。お墓は未来の家族に向けた大切な「想い」を形にしたものです。そのお客様の想いを受け、誠心誠意、まごころを込めてお墓づくりの良きアドバイザーとしてお役に立ちたいと思っております。お墓のことならぜひ伝統ある小野忠石材店にご相談ください。