ブログ

外現場スタート

岩手県奥州市水沢区 ㈱小野忠石材店 専務の小野寺です。

一昨日から、春彼岸に向けて現場がスタートしました。本日は一日小雪が舞っていましたが、そこまでの寒さにはなりませんでした。
ただ、まだ2月冬本番中でございます、いつもよりも十分は養生と時間をかけて進めて行かなければなりません。連休明けからはまた違う現場がスタートする予定です。雪が降らなければ良いのですが・・

さて、ちょっと先の話ですが毎年恒例「春の墓石展示会」を3月2日から5日まで開催致します。今年は創業125年目の節目に当たり通常価格よりも、かなりお安くなっております。特に当社おススメのインド産高級石材はお買い得になっております。ぜひご来店頂きたいと思います。また、新規だけではなく、お墓のリフォーム相談会も同時に開催いたします。小さなことでもお気軽にご相談ください。

画像1

 

画像2.jpg-1.

 

 

画像3.jpg-1

JSIA

「お墓ディレクター」の資格者がいる墓石店です。

「お墓ディレクター」とは、墓石販売に携わるプロとして、お墓に関する幅広い教養や知識、技術を習得し、お客様に対してお墓の正しい知識を伝え、適切なアドバイスが出来る資格です。
日本石材産業協会認定 第03−200381−00号 資格者 小野寺 忠徳

当社は明治26年、初代小野寺忠三郎が岩手県一関市大東町猿沢で石材業を始め、昭和33年、2代目忠一から奥州市水沢区に移転しました。創業から4代にわたり伝統と技術の継承、そしてなによりもお客様から安心、信頼をしていだだける様、日々努力してまいりました。お墓は未来の家族に向けた大切な「想い」を形にしたものです。そのお客様の想いを受け、誠心誠意、まごころを込めてお墓づくりの良きアドバイザーとしてお役に立ちたいと思っております。お墓のことならぜひ伝統ある小野忠石材店にご相談ください。