信頼出来る石材店の選び方

お墓を建てる時、墓石を作るのは石材店の仕事です。石材店とは、お墓の購入後も墓石の修繕や、納骨法要などでお付き合いが続いていきます。「石材店」と一口に言っても、業態や特性もそれぞれで、会社規模も大手から家族経営の所までさまざまですが、下記の点は石材店をお探しの際に参考にしていただきたい項目です。

話をじっくり聞いてくれる
人生で何度もお墓を建てる方はいません。誰しも自分のお墓を建てるのは、一度切りです。また、お墓を建てる場合身内の方が亡くなられて悲しみの中お墓を探す場合が多いと思います。小野忠石材店では、亡くなられた故人様のことを想い、お客さまのご希望をじっくりとお伺いした上で、ご不明な点などわかりやすくご説明します。当社ではご自宅にお伺いするお悔やみ営業等は一切しておりません。
建墓実績を見せてくれる
お墓のデザインといっても、なかなかイメージしにくいものです。イメージできないものは不安です。そういった不安を解消するよう、いろいろと墓石のモデルを見ながらお話いたします。また、実際墓地に行き建墓例をお見せいたします。
見積書・完成図面・各種契約書を提示してくれる
必ず見積書・完成図面をご提示し、ご契約いただく際には、契約書面を取り交わしていただきます。強引な営業・大幅な値引きする業者は気をつけましょう。
石材の品質表示や説明をしっかりしてくれる
一般の方は石について知らないのはあたりまえです。石はすべて同じように思えますが、産地・色等によって硬さや性質が違います。長年石材店を営んでいるお店なら、石の良し悪しを教えてくれると思います。お墓は一生一度の買い物です。お客様に間違いない物をお買い求めいただきたいと思います。
自社工場を持ち、アフターサービスをしっかりしてくれる
お墓は建ててからの方が石材店とのおつき合いが長くなります。末代まで使うものですから、長い間に、補修、戒名彫りなどの必要が出てくる事もあります。地元で何代も続いている優良石材店ならそんな時もきちんと対応していただけます。最近は加工技術・工場・展示場を持たない石材店・葬儀・仏壇業者が墓石を販売しております。そういった業者は下請け業者を使いますので、迅速対応はできません。ぜひお墓をご購入される際は、地元の石材店か、石材業を何年続いているか、お墓を加工する技術はあるか、自社工場があるか、アフターサービスをしてもらえるかどうか必ずお聞きしてください。
JSIA

「お墓ディレクター」の資格者がいる墓石店です。

「お墓ディレクター」とは、墓石販売に携わるプロとして、お墓に関する幅広い教養や知識、技術を習得し、お客様に対してお墓の正しい知識を伝え、適切なアドバイスが出来る資格です。
日本石材産業協会認定 第03−200381−00号 資格者 小野寺 忠徳

当社は明治26年、初代小野寺忠三郎が岩手県一関市大東町猿沢で石材業を始め、昭和33年、2代目忠一から奥州市水沢区に移転しました。創業から4代にわたり伝統と技術の継承、そしてなによりもお客様から安心、信頼をしていだだける様、日々努力してまいりました。お墓は未来の家族に向けた大切な「想い」を形にしたものです。そのお客様の想いを受け、誠心誠意、まごころを込めてお墓づくりの良きアドバイザーとしてお役に立ちたいと思っております。お墓のことならぜひ伝統ある小野忠石材店にご相談ください。